southzinnia

サイクリングやバードウォッチング等、趣味の話題をまったり更新します。   昨年から新たに登山も始めました。

野鳥撮影に行ってきました@寺家ふるさとの森

 

f:id:southzinnia:20210206223151j:plain

 

こんばんは、southzinniaです。

ここ最近の野鳥観察はすでにマイフィールドといっても過言ではない横浜市青葉区の「奈良山公園」ばかりでしたが、今回は少し足を延ばして同区内の「寺家ふるさとの森」へと足を運んでまいりましたので、今回はそのレポートを。

 

「寺家ふるさとの森」は東急こどもの国線「こどもの国」駅から見るとちょうどこどもの国の裏側に位置する自然豊かな里山です。

神奈川県有数の探鳥地として知られる「舞岡公園」や「東高根森林公園」とも似たような環境で、ややアクセスが悪いものの非常に可能性を秘めたスポットなのです。

 

スタートは奈良山公園の時と同じく東急こどもの国線「こどもの国」駅。

せっかくなので軽く奈良山公園も観察してから、現地へと向かうことに。

 

そんな奈良山公園に着くと早速、調整池側の木に留まるモズが観察できました。

 

f:id:southzinnia:20210206224550j:plain

モズ

 

若干枝が被っていますがいい雰囲気で写真に収めることができました。

 

お馴染みの調整池では、珍しくオシドリが茂みから出てきていました。

 

f:id:southzinnia:20210206224921j:plain

オシドリ

 

朝早い時間だったからか、バーダーさんは私達の他にはおらず。

上記の写真の端にも映っていますが、

 

f:id:southzinnia:20210206225105j:plain

オシドリ

 

池の大部分は凍り付いており、氷上に上がっているオシドリ達も多くいました。

 

そんな中池の端の水面から飛び出した一羽が、そこが凍っていると知らずに着氷し、

 

f:id:southzinnia:20210206225417j:plain

オシドリ


思わず首を伸ばして驚いている、珍しい姿を見せてくれました。

当初は状況が掴めない様であたふたしていましたが、しばらくすると水面へ向かって歩き始め、

 

f:id:southzinnia:20210206225741j:plain

オシドリ

 

その後無事入水していました。

と、ここで一日オシドリを観察していても良いのですが、本日の目的はここではないので暫し観察の後当初の目的地へと足を進めます。

 

途中、壁からひょっこり出てきたメジロなどを観察しつつ、

 

f:id:southzinnia:20210206230141j:plain

メジロ

 

約40分ほど歩いて目的の「寺家ふるさとの森」に到着しました。

 

手前の鴨志田公園との間に位置する田んぼでは早速、ハクセキレイが観察できました。

 

f:id:southzinnia:20210206230642j:plain

ハクセキレイ

 

そんなハクセキレイのそばでは、あまり表には出てこない印象があるアオジの姿も。

 

f:id:southzinnia:20210206230823j:plain

アオジ

 

アオジは数羽の群れで行動しており、皆でローラー作戦のように一定の距離を保ちつつ餌を探している様でした。

 

また田んぼ脇の側溝には、ハクセキレイとともにキセキレイの姿も。

 

f:id:southzinnia:20210206231113j:plain

ハクセキレイ

 

f:id:southzinnia:20210206231225j:plain

キセキレイ

 

ハクセキレイの方がやや攻撃的なようで、キセキレイが近づくたびに追い回していました。

 

一通りこの田んぼでの撮影を終えた後、いよいよ雑木林が茂るエリアへ。

 

足を踏み入れてすぐに、近くで大きなドラミング音が聞こえることに気付き周囲を見渡すと、

 

f:id:southzinnia:20210206231912j:plain

アオゲラ

 

なんとすぐ目の前にアオゲラの姿が。

必死でシャッターを切ったものの、トップの写真は枝がややかぶり、この写真はやや暗めになってしまいました・・・

 

そんなこんなで苦戦しているうちに、

 

f:id:southzinnia:20210206232312j:plain

アオゲラ

 

少しずつ距離をとられ最終的には見失ってしまいました。

 

その後ふたたびドラミング音が聞こえ目を向けると、

 

f:id:southzinnia:20210206232926j:plain

コゲラ

 

コゲラに替わっていました。

 

その後先ほどのアオゲラを追い、公園中心部へ。

途中メジロや、

 

f:id:southzinnia:20210206233133j:plain

メジロ

 

エナガなどを観察するもアオゲラの姿を再度見ることは叶わず。

 

f:id:southzinnia:20210206233443j:plain

エナガ

 

その後大池の外周を回るように足を進めていくと、田んぼが点在する開けたエリアに。

 

田んぼの端では、本日二度目のモズの姿が。

 

f:id:southzinnia:20210206234345j:plain

モズ

 

そんなモズを観察した後で、先ほどアオゲラを観察できたポイントへと戻ることに。

 

中通りかかった「むじな池」では、凍った湖面を歩くキセキレイの姿を観察できました。

 

f:id:southzinnia:20210206234920j:plain

 

どうやら氷上で餌を探しているようです。

 

そんなキセキレイの更に奥、池の対岸には同じく池に降りて採餌中のヤマガラの姿も。

 

f:id:southzinnia:20210206235214j:plain

ヤマガラ

 

その後むじな池での撮影を終え、計画通り当初のスポットへ。

こちらでは先ほども池で見かけたヤマガラの姿が。

 

f:id:southzinnia:20210207183424j:plain

ヤマガラ

 

その他シジュウカラや、

 

f:id:southzinnia:20210207183534j:plain

シジュウカラ

 

キジバトなどは見かけるも残念ながらアオゲラの姿は確認できず。

 

f:id:southzinnia:20210207183735j:plain

キジバト


それでもこの日はそこそこの成果を手にできましたので、特に未練もなくその後帰途につきました。

 

 

今回は東高根森林公園でははるか遠くに感じたアオゲラを間近で観察でき、非常に満足のいく野鳥撮影となりました。

 

唯一のネックはアクセスの悪さでしょうか、バスなどを駆使すればもう少し楽に行けるようですので、費用対効果次第ではそれも良いかもしれません。

 

いずれにせよ、また訪れてみたいスポットです。

 

 

さて、次回は私の最も愛する野鳥である「シギチドリ」を先日観察しに行って参りましたので、そのレポートをご紹介できればと思います。

 

 

それでは、今回はここまで。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。