southzinnia

サイクリングやバードウォッチング等、趣味の話題をまったり更新します。   昨年から新たに登山も始めました。

野鳥撮影に行ってきました@東高根森林公園

 

f:id:southzinnia:20201120002839j:plain

 

こんばんは、southzinniaです。

今回は神奈川県有数の探鳥地として知られる川崎市宮前区の「東高根森林公園」へと野鳥撮影に赴いて参りましたので、そのレポートを。

 

東高根森林公園といえば冬鳥として訪れるレンジャクがあまりにも有名ですが、それ以外にもその豊かな自然環境の恩恵もあり多くの野鳥を観察することができます。

今回の目的はズバリ、舞岡公園では見ることの叶わなかったアオゲラです。

 

公園へのアクセスは公共交通機関を利用するとやや離れてはいますが、JR南武線久地駅」から徒歩15分ほど。

北西側の入り口から公園へ入ると早速アオジの声が聞こえてきたので探してみたのですが、残念ながら姿を見ることはできず。

スロープを下り湿生植物園方面へと向かうと、水辺にはカルガモが。

 

f:id:southzinnia:20201120004947j:plain

カルガモ

 

途中左右にそびえる木々の遥か上方でシジュウカラなどのさえずりが聞こえるものの、あまりの高所で撮影どころか姿を見ることすらできず。

全体的に樹高が高い木が多く、小鳥系を撮影することがこの湿生植物園周辺では難しいなと感じました。

 

そんなこんなで野鳥を探しつつ辿り着いたのは公園西側の古代植物園。

樹高が低い木が多く、またさまざまな植物が実を付けているということもあってか、シジュウカラをはじめとした多くの小鳥類を観察することができました。

 

f:id:southzinnia:20201120005547j:plain

シジュウカラ

 

シジュウカラの群れの中にはヤマガラも。

 

f:id:southzinnia:20201120005720j:plain

ヤマガラ

 

何かの実を採餌している途中の様でした。

 

f:id:southzinnia:20201120005908j:plain

ヤマガラ

 

低木の上に上がってきてくれました。

 

f:id:southzinnia:20201120010036j:plain

シジュウカラ

 

特にシジュウカラは人に慣れているようで、かなり近くで撮影していても気に留めていない様子で餌探しに奮闘していました。

 

f:id:southzinnia:20201120010207j:plain

シジュウカラ

 

気が付くとこんなに近くに。

 

f:id:southzinnia:20201120010733j:plain

メジロ

 

メジロも少数ながら混じっていました。

 

暫しこの混群を観察した後、公園中央に位置する古代芝生広場を経由して再び湿生植物園へと至る長い階段へ向かうことに。

以前同じように探鳥に来た際にこの近辺でルリビタキを見ていたということもあり、シロハラトラツグミなどの冬鳥が来ていないかと探してみたのですが、残念ながら見つけることができず。

 

ただ階段を下る途中、ふと頭上で鳴っている木が軋むような音が気になり、手持ちの図鑑などで調べてみるとアオゲラのドラミング音だということが判明。

急いで周囲を見渡しながら、再び古代芝生広場方面へと登っていくと木の遥か上方にアオゲラの姿を確認することができました。

 

f:id:southzinnia:20201120011617j:plain

アオゲラ

 

想像以上のサイズ感と存在感に驚きつつも、しっかりとその姿を写真に。

目的の鳥が見れたことで非常に充実した想いを感じつつ、この日は帰途につきました。

 

 

先日の奈良山公園同様に目的としていた野鳥がピンポイントで観察できたことで、納得のいく成果が得られたかと思います。

勿論まだまだ撮影できていない野鳥は多く居ますので、次回以降も確実に一種類ずつ、撮影ができればいいなと思っています。

ちなみに次はカケスを見ることができればと思っています。

 

 

それでは、今回はここまで。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。