southzinnia

サイクリングやバードウォッチング等、趣味の話題をまったり更新します。

野鳥撮影に行ってきました@奈良山公園

 

 

こんばんは、southzinniaです。

 

今回は2月中旬に往訪したマイフィールド「奈良山公園」での探鳥レポートを。

ある意味定期レポートの様な探鳥記ですので、要点のみサクッと書き記したいと思います。

 

 

スタートは変わらず東急こどもの国線こどもの国駅」より。

公園に到着後最初にお目に掛かれたのは、冬鳥としては定番種であるツグミでした。

 

ツグミ

 

じっとしているとかなり近くまで来てくれました。

 

ツグミ

 

その後調整池ではお馴染みのオシドリが。

 

オシドリ

 

早朝ということでまだ工事が始まっておらず、このタイミングでは数羽表に出てきてくれていました。

 

公園中心部の森エリアではまずエナガの群れに遭遇。

 

エナガ

 

その後同じ位置にコゲラがやって来てくれました。

 

コゲラ

 

それでもこの日はジョウビタキルリビタキなどのヒタキ類は見られず。

 

終盤ではツグミや、

 

ツグミ

 

近縁種のシロハラに出逢うことができました。

 

シロハラ

 

帰途に就く最中、シジュウカラを間近で観察しこの日は終了となりました。

 

シジュウカラ

 

珍しい出逢いこそなかったものの、いつもの野鳥がいつも通り見れたことが何よりの収穫ですね。

 

マイフィールドといいつつ直近であまり往訪できていませんので、また近頃再訪できればと思います。

 

 

それでは、今回はここまで。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

野鳥撮影に行ってきました@葛西臨海公園

 

 

こんばんは、southzinniaです。

 

相変わらず日常生活が多忙故なかなか撮り溜めている探鳥レポートが消化できていませんが、引き続きまったりと続けていきたいと思います。

 

というわけで今回は、2月中旬に往訪した東京都江戸川区葛西臨海公園」での探鳥レポートを。

前回執筆した水元公園同様、こちらも転居後なかなかアクセスのしづらい探鳥地となってしまいましたが、定番の冬鳥目当てで久方ぶりの往訪です。

 

 

アクセスはJR京葉線葛西臨海公園駅」より。

 

まずは蓮池方面を経てバーベキュー広場周辺へと向かって行きます。

 

途中蓮池では目ぼしい野鳥に出逢えませんでしたが、バーベキュー広場ではシロハラに遭遇することができました。

 

シロハラ

 

その後芦ヶ池方面へ足を進めていくと、こちらも冬鳥の定番種、アオジに遭遇することができました。

 

アオジ

 

冬シーズンも終盤ということでだいぶ人馴れしており、茂みから出てきてくれる機会も増えてきた気がします。

 

その後芦ヶ池に架かる橋を越え公園西端に近づくと、聞き覚えのある鳴き声が聞こえました。

周囲を探してみると、ここに縄張りを持っているのであろうジョウビタキのメスを観察することができました。

 

ジョウビタキ

 

モフモフした可愛らしい写真が撮れました。

そんなメスの縄張りから少し戻った位置には同じジョウビタキのオスの姿も。

 

ジョウビタキ

 

ただオスに関してはもともとの縄張りが少し離れているのか、出逢えたのは結局この写真を撮影した一度限り。

 

それでも今回は現状野鳥が多く見られているこの辺りを重点的に、ということでしばらく芦ヶ池周辺を徘徊してみることに。

途中採餌中のオナガなど観察しつつ、

 

オナガ

 

再度ジョウビタキのメスが観察できたポイントまで戻ってくると、前回水元公園でも見られたアカハラに出逢うことができました。

 

オオアカハラ

 

今回の個体は頭部がだいぶ黒みがかっていますのでオオアカハラでしょうか。

相変わらず判別がつきませんが、水元公園の個体とは異なり人馴れしているようでじっとしているとだいぶ近くまで寄って来てくれました。

 

その後すぐ近くでモズを見た後、

 

モズ

 

目ぼしい収穫がなく帰途に就くことになりました。

 

 

見方や観察のタイミングなどの差かもしれませんが、水元公園と比較して野鳥自体の数は少ないといった印象でした。

それでもバーダーさんが多い影響もあってか人馴れしている個体が多く、撮影自体し易い点が魅力ですね。

 

それでは、今回はここまで。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

野鳥撮影に行ってきました@水元公園

 

f:id:southzinnia:20220417112638j:plain

 

こんにちは、southzinniaです。

 

今回も引き続き、撮り溜めているストック分より2月初旬に往訪した東京都葛飾区「水元公園」での探鳥レポートを。

 

以前東京都在住時にはアクセス性の良さから頻繁に往訪していたものの、神奈川県へと移住した後はなかなか行くことができずにいました。

というわけで実に2年ぶりぐらいでしょうか、従来通りJR金町駅より京成バスにて現地へ向かい公園北部の「水元かわせみの里」方面から観察していきます。

 

 

準備を済ませまずは「かわせみの池」より。

とはいえ冬鳥で賑わっている、というわけではなくコガモの小群が佇んでいるだけでした。

 

f:id:southzinnia:20220417115140j:plain

コガモ

というわけで簡単に観察した後今度はかわせみの里前の池へ。

どうやら定位置にカワセミがとまっているようで橋の上がバーダーさんで賑わっていましたが、その個体とは別の個体が私たちの目の前に。

 

f:id:southzinnia:20220417115814j:plain

カワセミ

 

この後少し移動してタイトル写真の位置にとまり綺麗な後ろ姿を見させてくれたりと、やはり人が多い為か人馴れしている子で存分に観察させてくれました。

 

上述の橋を越えて小合溜へ向かうと、採餌中のカイツブリを観察することができました。

 

f:id:southzinnia:20220417121412j:plain

カイツブリ

 

更に向かいの木の枝にはシメの姿も。

 

f:id:southzinnia:20220417121912j:plain

シメ

 

そのまま小合溜に沿って進んで行くと、草むらにて実はこのタイミングでは今シーズンしっかりと観察できていなかったツグミの姿が。

 

f:id:southzinnia:20220417140042j:plain

ツグミ

 

これまであまり見られなかったのが噓のように、この日はツグミが多く観察できました。

 

再び戻った小合溜ではオオバンの姿が見られました。

 

f:id:southzinnia:20220417140626j:plain

オオバン

 

その後ひとまずバードサンクチュアリ方面へと向かって行きます。

 

途中相変わらずのツグミを撮影しつつ、

 

f:id:southzinnia:20220417141844j:plain

ツグミ

 

少し開けた広場にて今度はジョウビタキのメスを観察することができました。

 

f:id:southzinnia:20220417201148j:plain

ジョウビタキ

 

この写真はたまたま地面に降りているシーンですが、この画像の左にあった木の枝との間を往復しながら縄張りを見張っている様でした。

 

そんなジョウビタキの近くにはシジュウカラや、

 

f:id:southzinnia:20220417201511j:plain

シジュウカラ

 

カワラヒワの群れの姿も。

 

f:id:southzinnia:20220417201623j:plain

カワラヒワ

 

このポイントではこのあとも観察できる野鳥が非常に多く、最早この日見慣れたツグミや、

 

f:id:southzinnia:20220417202735j:plain

ツグミ

 

この日初見のモズなどの姿も観察することができました。

 

f:id:southzinnia:20220417202858j:plain

モズ

 

そんな野鳥達を一通り観察した後、バードサンクチュアリ方面へと再度向かおうと足を進めると、沿道の低木にてアカハラの姿が。

 

f:id:southzinnia:20220417203224j:plain

アカハラ

 

ただ自宅に戻り調べてみるとこの時期に見られるのはオオアカハラの可能性もあるとのこと。

正直私には見分けられる自信がないので取り敢えずアカハラということにしておきましょう。

 

その後水元グリーンプラザ前の広場に辿り着くと、この場所でもカワラヒワの姿が。

 

f:id:southzinnia:20220417203957j:plain

カワラヒワ

 

先ほど以上に大きな群れの様で、その中にはアトリの姿も。

 

f:id:southzinnia:20220417204411j:plain

アトリ

 

そんなカワラヒワの大群に気をとられていると、後方の茂みをガサゴソと動く野鳥の姿が目につきました。

その姿を追ってみると、正体はシロハラでした。

 

f:id:southzinnia:20220417205901j:plain

シロハラ

 

相変わらず警戒心が強い様で、この後すぐに奥の方へと行ってしまいました。

 

そんなシロハラを見送った後、ようやくバードサンクチュアリへ。

観察窓の近くを通りかかると、そこにいたバーダーさんから遠くにノスリがいると教えてもらいました。

 

f:id:southzinnia:20220417210518j:plain

ノスリ

 

かなり遠い上に光条件も悪く証拠写真にもなりませんでした。。。

 

観察窓からはその他目ぼしい野鳥こそ見られませんでしたが、途中目の前をタヌキが通過していくシーンに遭遇することができました。

 

f:id:southzinnia:20220417211159j:plain

 

観察窓を離れ少し進んで行くと、向かって左側フェンスの奥にて動き回っている野鳥の姿が。

注意深く観察してみると、その正体はルリビタキの雄でした。

 

f:id:southzinnia:20220417211620j:plain

ルリビタキ

 

もっと近くに来てくれないかと待っていてみたのですが、残念ながらこの後奥側へと飛んで行ってしまいました。

 

その後しばらく滞在したバードサンクチュアリではシジュウカラやウグイスなどの留鳥や、

 

f:id:southzinnia:20220417212305j:plain

シジュウカラ

 

f:id:southzinnia:20220417212355j:plain

ウグイス

 

ルリビタキの雌やアオジなどの冬鳥が観察できました。

 

f:id:southzinnia:20220417212638j:plain

ルリビタキ

 

f:id:southzinnia:20220417212734j:plain

アオジ

 

そんなわけでここから来た道を折り返していきます。

 

道中水生植物園の池ではコサギが見られたり、

 

f:id:southzinnia:20220417213643j:plain

コサギ

 

その先の広場ではセキレイたちが見られたりと相変わらず充実の内容でした。

 

f:id:southzinnia:20220417214008j:plain

セグロセキレイ

 

f:id:southzinnia:20220417214057j:plain

ハクセキレイ

 

というわけでかわせみの池まで戻り、目下ヒドリガモを眺めながら帰宅の準備をし帰途につきました。

 

f:id:southzinnia:20220417214324j:plain

ヒドリガモ

 

久方ぶりの往訪ですが、やはり有名な探鳥地ということで見られる野鳥の種類・量ともに多いなといった印象です。

 

アクセス自体もそこまで不便に感じなかった故、定期的に往訪しても良さそうですね。

 

 

それでは、今回はここまで。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

野鳥撮影に行ってきました@早戸川林道

 

f:id:southzinnia:20220325204606j:plain

 

こんばんは、southzinniaです。

 

今回から徐々に、撮り溜めていた探鳥記をアップしていきたいと思います。

というわけでまずは、本年1月に往訪した神奈川県相模原市早戸川林道」での探鳥レポートを。

 

昨年末から立て続けに訪れている探鳥スポットですが、引き続きまだ見ぬ野鳥を探しに足を運んだ次第であります。

 

 

スタートはこれまで同様「鳥居原ふれあいの館」バス停より。

 

今回は早戸川林道までの道のりをパスし(というより目ぼしい野鳥を見かけず)、早々に林道入り口に到着。

蛇行する林道をゆっくりと進んで行くと、木の上で早速ルリビタキの姿を確認することができました。

 

f:id:southzinnia:20220325210318j:plain

ルリビタキ

 

綺麗な羽色の雄の様でしたが、少し暗めの写真になってしまいましたね。

 

そんなルリビタキから少し進んだ所では、飛びながら器用に餌をついばむジョウビタキの姿も。

 

f:id:southzinnia:20220325210659j:plain

ジョウビタキ


頑張って飛翔中の写真を、と思いチャレンジしたものの残念な結果になってしまいましたね。

手前に枝が被っていなければ幾分マシだったのですが。

 

そんなジョウビタキに続き観察できたのは、今季しっかりと確認できていなかったツグミでした。

 

f:id:southzinnia:20220325212022j:plain

ツグミ

 

毎年お馴染みの冬鳥ではあるのですが、この時点ではまだ数が少なかった印象です。

 

その後近くでモズを観察しつつ、

 

f:id:southzinnia:20220325213228j:plain

モズ

 

引き続き林道を進んで行くものの前回同様あまり鳥の出が良くなく、汁垂橋に差し掛かった後もしばらくは目ぼしい野鳥を観察することができず。

 

前回ベニマシコを撮影できたポイント付近でようやく、ジョウビタキの綺麗な雄を見ることができました。

 

f:id:southzinnia:20220325213914j:plain

ジョウビタキ

お腹がモフモフですね。

 

この後前回ベニマシコが観察できたポイントではその姿を見ることができず。

 

それでも辛抱強く待機してみると、林道からかなり近い場所でガサゴソと物音が。

注意深く観察してみると、丁度カヤクグリが落ち葉をひっくり返しながら餌を探している最中でした。

 

f:id:southzinnia:20220325215046j:plain

カヤクグリ

 

このカヤクグリ、かなり近い距離に我々がいるにもかかわらず全く臆することなく採餌を続けており、この後も間近で存分に撮影を続けることができました。

 

f:id:southzinnia:20220325215339j:plain

カヤクグリ

 

こんな感じでかなり多くの枚数を撮影させていただきました。(その分現像は地獄でしたが、、、)

 

その後金沢橋を渡りさらに先へと進んで行くも、今回は渡ってすぐに出逢ったルリビタキ以外目ぼしい野鳥に出逢えず。

 

f:id:southzinnia:20220325215741j:plain

ルリビタキ

 

途中近くの木にハチの巣を見かけた辺りで折り返していきます。

 

f:id:southzinnia:20220325220055j:plain

 

見たところスズメバチの巣の様ですが、夏に来る際はこういったところにも注意が必要ですね。

 

折り返しの道中は相変わらずの野鳥の少なさということで、ややダイジェスト形式で。

 

f:id:southzinnia:20220325220501j:plain

カヤクグリ

 

相変わらずこちらには興味なしのカヤクグリ。

 

f:id:southzinnia:20220325220621j:plain

アオジ

 

この日初確認のアオジ

 

f:id:southzinnia:20220325220720j:plain

ウグイス

 

恐らくウグイス?

 

と、こんな感じの成果で入り口まで戻り帰途につきました。

 

 

新しい種類こそ見られなかったものの、カヤクグリに関してようやく満足のいく写真が撮影できたのは大きな収穫でした。

 

とはいえ冬鳥に関してはこれ以上の成果は得られないかもしれませんので、もう少し時期が進んだら再度往訪するといった風にした方が良さそうですね。

 

 

それでは、今回はここまで。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

登山のきろく「No.11」~岩殿山~

 

f:id:southzinnia:20220318124017j:plain

 

こんばんは、southzinniaです。

 

今回は約1年ぶりとなる登山のレポートを。

実は執筆できていない探鳥ブログもかなりあるのですが、登山のレポートは日を空けてしまうと行程を忘れてしまうので、先に書いていこうと思います。

 

さて、今回往訪したのは昨シーズンから制覇を目指している山梨県大月市制定の「秀麗富嶽十二景」の一座「岩殿山」。

約1年ぶりの登山とのことで、距離・獲得標高共に難易度の低いコースを選んでいます。

 

とはいえこの岩殿山、著名なルートが軒並み通行止めとなっておりルートは実質「畑倉登山口」より山頂へと至る一通り。

今回はJR「大月駅」よりそんなルートを経由しつつ、稚児落としから浅利地区へと抜け大月駅へと戻るコースで挑戦してきました。

 

 

というわけで、JR中央本線大月駅」には予定よりも早い7時半頃に到着。

 

f:id:southzinnia:20220315012819j:plain

 

駅前では特に準備をすることなく、取り敢えず登山口を目指していきます。

 

f:id:southzinnia:20220315013412j:plain

 

道なりに進みつつ数分で中央本線を横断する踏切を通過していきます。

 

f:id:southzinnia:20220315013814j:plain

 

桂川に掛かる高月橋を渡り切ったポイントで後ろを振り返ると早速富士山を拝むことができました。

 

f:id:southzinnia:20220315014316j:plain

 

緩やかな坂道を登りつつ眼下を通る中央自動車道を横断していきます。

 

f:id:southzinnia:20220315014906j:plain

 

道中には岩殿山の案内板も。

 

f:id:southzinnia:20220315015120j:plain

 

8時14分、ようやく畑倉登山口に到着しました。

 

f:id:southzinnia:20220315015524j:plain

 

ここで軽く準備を済ませ、設置されていた登山者カウンターを押し登山道へと入っていきます。

尚この場所にはベンチなどがなくやや準備には不向きでしたので、実際には駅で準備を済ませた方が良さそうです。

 

f:id:southzinnia:20220321001522j:plain

 

登山道に入ってすぐに「鬼の岩屋」なるスポットとの分岐点に到着しました。

今回はスルーしましたが、機会があれば立ち寄ってみたいですね。

 

f:id:southzinnia:20220321002456j:plain

 

約10分ほど緩やかな登山道を登り、案内板に辿り着きました。

ここからやや傾斜が上がり、

 

f:id:southzinnia:20220321002935j:plain

 

早くも山頂直下の様な斜面を登っていきます。

 

そんなわけで約20分ほど、体力の低下を実感しつつ進んで行くと、

 

f:id:southzinnia:20220321003604j:plain

 

あっという間に山頂に到着しました。

このポイントが岩殿山のピークポイントとなる634m地点となるようですが、山頂を表すような標識は「燈火台」と書かれた写真のもののみでした。

とはいえある程度広さのあるこのポイントで早めの昼食とすることに。

 

f:id:southzinnia:20220321004430j:plain

 

今回の昼食は趣向を変え、事前に自宅で沸かした熱湯をニトリの真空断熱ボトル「N-HEATEX」に入れカップラーメンを食べることに。

自宅で熱湯を投入してから約4時間ほど時間が経っていたものの、今回は問題なくカップラーメンを作ることができました。

 

現地でお湯を沸かせるわけではないため緊急的な対応はできないものの、気軽な低山登山ではこの手法でも良いかもしれませんね。

 

f:id:southzinnia:20220321005923j:plain

 

山頂にはやや木が多いものの、そんな木々の隙間から富士山を望むことができました。

 

というわけで暫し休息の後、次なるポイントを目指していきます。

 

f:id:southzinnia:20220322153610j:plain

 

先ほどの山頂から数分で更に開けたポイントに到着しました。

 

この画像の奥側へとさらに進んで行くと、

 

f:id:southzinnia:20220322154511j:plain

 

そこには絶景が広がっていました。

富士山は勿論、眼下には大月市の街並みが一望できる展望スポットです。

 

f:id:southzinnia:20220322155927j:plain

 

お馴染みの「秀麗富嶽十二景」と「山梨百名山」の山頂標もこちらに設置されていました。(よく見ると「ここは展望所」と記載がありますね。)

 

目の前の絶景に後ろ髪をひかれつつ、ここから次なるポイントを目指していきます。

 

f:id:southzinnia:20220322163755j:plain

 

展望所から少し進んだ場所から最終地点である「浅利登山口」を目指していきます。

 

f:id:southzinnia:20220322164921j:plain

 

下山への道は手すり・階段ともに整備されていました。

 

f:id:southzinnia:20220322171959j:plain

 

階段を降り切った所で「強瀬ルート」との分岐点に到着します。

とはいえ現状は通行止めとなっており、ここから先進めるのは執筆時点では「浅利ルート」のみとなっている様です。

 

f:id:southzinnia:20220322175609j:plain

 

少し進んだ所から岩殿山方面を振り返ると、山頂付近で過去に補修があったことが確認できます。

 

やはり岩山ということで、風化による自然崩落は避けられないのでしょう。

人里にほど近いということもあってか、かなりしっかりと補修されている印象がありました。

 

f:id:southzinnia:20220322182338j:plain

 

約20分ほど歩き10時44分、続く標識に到着しました。

 

f:id:southzinnia:20220322183349j:plain

 

頭上には高圧線が通っています。

 

f:id:southzinnia:20220322183656j:plain

 

先ほどのポイントから約5分ほど歩き、次なる分岐点に到着しました。

 

ここから鎖場のあるコースとそれを避ける巻き道に分かれますが、今回はせっかくなので鎖場へと進んでみることに。

 

f:id:southzinnia:20220322183947j:plain

 

先ほどの標識からほどなく、鎖場が現れました。

 

距離的に短いものでしたが足を置く位置などを考えながら登る必要があり、個人的にはそれなりにスリルも楽しむことができました。

 

f:id:southzinnia:20220322184544j:plain

 

2段階となっているものの鎖場自体の難易度はそこまで高くはないと思います。

 

f:id:southzinnia:20220322184854j:plain

 

登り切ったポイントからも、富士山を望むことができました。

ここより先では手前の山(高川山でしょうか)と被ってしまいしっかりと見ることができなかったため、恐らくここが最後の展望スポットだったかと思います。

 

f:id:southzinnia:20220322185221j:plain

 

ここで少々休息をとった後、引き続き道なりに進んで行きます。

 

f:id:southzinnia:20220322185409j:plain

 

数分ですぐに次なる分岐点に到着です。

 

ただここから先、画像中央に見える鎖場コースは崩落による通行止めとなっており、実質ルートは右側の林間コースのみとなっています。

 

f:id:southzinnia:20220322185702j:plain

 

分岐後すぐに現れる急な下りを何とかこなし、引き続き道なりに足を進めます。

 

f:id:southzinnia:20220324233752j:plain

 

約30分ほどで稚児落としまでの道中に位置する天神山に到着です。

周囲は木に囲まれていて展望はなく、スペース的にもあまり広い場所ではないため軽い補給の後先へと進んで行きます。

 

f:id:southzinnia:20220324234932j:plain

 

ここから尾根沿いを進み稚児落としを目指していきます。

 

f:id:southzinnia:20220324235214j:plain

 

先ほどより20分ほどで稚児落とし手前までやってきました。

ここにも巻き道として林間コースが設置されていますが、せっかくなので岩場ルートを進みます。

 

f:id:southzinnia:20220324235820j:plain

 

というわけで名所、稚児落としが見えてきました。

写真でその壮大さを伝えるには私の技量が足りないので仕方ないのですが、実際にその場に立つと写真以上の感動がありました。

 

f:id:southzinnia:20220325000514j:plain

 

崖にほど近い場所を少し歩いた後、少し離れた林の中を進んで行きます。

 

f:id:southzinnia:20220325000841j:plain

 

12時8分、先ほど眺めていたポイントまで到達しました。

 

歩いてきた尾根道は勿論、その先の街並みまで望むことが可能な絶景ポイントです。(前進しすぎると足がすくみますが。)

 

f:id:southzinnia:20220325001153j:plain

 

そんな絶景を目に焼き付け、下山の為足を進めていきます。

 

f:id:southzinnia:20220325001430j:plain

 

稚児落としからは断続した下りとなり、やや滑りやすいもののだいぶ余裕をもって進んで行くことができます。

 

f:id:southzinnia:20220325002033j:plain

 

道中にはちょっとした展望スポットも。

 

f:id:southzinnia:20220325002233j:plain

 

稚児落としから一時間も経たずして、無事浅利ルート入り口まで降りてくることができました。

 

下山後最初に目に入る標識曰くどちらからでも大月駅へと向かえるようでしたが、今回は右側から進んで行くこととしました。

 

f:id:southzinnia:20220325003320j:plain

 

草木のトンネルを抜け民家方面へと進んで行きます。

 

f:id:southzinnia:20220325003529j:plain

 

桂川沿いに進むこと20分ほどで、頭上に中央自動車道が見える辺りまで降りてくることができました。

 

ここからは道なりに、途中で左折しひたすらに大月駅を目指します。

 

f:id:southzinnia:20220325004001j:plain

 

13時32分、JR中央線を横断する跨線橋手前までやってきました。

 

この後ゴール地点となる大月駅では写真を撮影しませんでしたので、これが最後の写真となりますが、この後無事この日の工程を終えることができました。

 

 

以下、今回の登山データです。

歩行距離:8.8km
登り獲得標高:665m
下り獲得標高:665m
消費カロリー:1,905kcal

所要時間:6時間12分

開始時刻:7時33分
終了時刻:13時45分

 

yamap.com

 

公共交通機関でのアクセスが容易な低山ながら、行程中に鎖場や崖などがあり程よいスリルを感じることができる非常にエキサイティングなルートでした。

 

今回、約1年ぶりとなる山行ということで余裕を持った行程を立てたものの、実際の計画よりもだいぶ早く下山することができたのは良い結果であったと思います。

 

それでも体力の低下は著しく、この一年間ややアクティビティをサボった付けが回ってきたなと。

 

個人的には登山は冬、サイクリングは春から秋という風にアクティビティをしていきたいので、今年は継続していければ良いですね。

 

 

それでは、今回はここまで。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

野鳥撮影に行ってきました@奈良山公園

 

f:id:southzinnia:20220220232852j:plain

 

こんばんは、southzinniaです。

 

今回は今年初撮りとなった、マイフィールド「奈良山公園」での探鳥レポートを。

 

 

始発で東急こどもの国線こどもの国駅」へ到着し、まずは南側の調整池方面へ。

お馴染みのオシドリを確認すると、案の定この日も少なくない個体が表に出てきていました。

 

f:id:southzinnia:20220217224357j:plain

オシドリ

 

現在この調整池で行われている工事の影響がやや心配でしたが、無事その姿を見ることができて何よりです。

 

そんなオシドリをまったりと観察していると、周囲のアシ原にてホオジロの姿も観察することができました。

 

f:id:southzinnia:20220217224846j:plain

ホオジロ

 

冬鳥のモフっとした姿はどの種類でも可愛らしいものですね。

 

実はホオジロをこの距離感で撮影できたのは初めてなのです。

アルバムの写真が無事更新できました。

 

一通り調整池での観察を終え、続いて山側の遊歩道へ。

近くの木ではメジロがちょこまかと動き回っている姿を観察できました。

 

f:id:southzinnia:20220219203009j:plain

メジロ

 

そんなメジロを観察しつつ、さらに足を進めるとヒタキ類の鳴き声が。

ここでお馴染みのジョウビタキかと思い付近を探してみると、なんとルリビタキのメス(もしくは若いオス?)でした。

 

f:id:southzinnia:20220219203431j:plain

ルリビタキ

 

かなり樹上で光条件が悪くだいぶ暗い写真なものの、しっかりとルリビタキの特徴が撮れていますね。

 

とはいえその後森の奥側へと飛んで行ってしまいましたので、深追いはせず引き続きこのポイントで待ってみることに。

 

すると道脇の低木から、アオジが顔を出してくれました。

 

f:id:southzinnia:20220219203725j:plain

アオジ

 

ようやく人馴れしてきたのか、こうやって茂みから出てきてくれるようになりましたね。

 

更に調整池を隔てる柵の上にはお馴染みのジョウビタキの姿も。

 

f:id:southzinnia:20220219204839j:plain

ジョウビタキ

 

この辺りでの撮影も一段落したところで、いったん調整池の様子を見に行ってみることに。

 

すると先ほどは表に出てきていなかったゴイサギの姿を見ることができました。

 

f:id:southzinnia:20220219205543j:plain

ゴイサギ

 

活動時間ではないためなのか、顔を埋めて眠たそうにしていました。

 

そんなわけであまり動きもなく、その他の野鳥達にも大きな変化はなかったので先ほどのポイントまで戻ります。

 

すると、先ほども見られたメジロをより近くで観察することができました。

 

f:id:southzinnia:20220220231932j:plain

メジロ

 

更にその近くには、先ほどはしっかりと観察できなかったルリビタキの姿が。

 

f:id:southzinnia:20220217223230j:plain

ルリビタキ

 

やはり若いオスもしくはメスといったところでしょうか。

 

この公園でルリビタキを見ることができたのは大きな成果ですね。

 

その後そんなルリビタキの下でひょっこりと顔を出したコジュケイを撮影しつつ、

 

f:id:southzinnia:20220220232525j:plain

コジュケイ

 

帰途に就く前にもう一度調整池へと向かいます。

 

とはいっても先ほどと変わったのはカワセミくらいでした。

 

f:id:southzinnia:20220220232741j:plain

カワセミ

 

駅へと向かう最中アオジを撮影し、

 

f:id:southzinnia:20220220233250j:plain

アオジ

 

この日は帰途につきました。

 

 

マイフィールドである奈良山公園でルリビタキの姿がようやく拝めましたね。

 

やはり非常に可能性のある探鳥地であると感じました。

 

本年も定期的に通い、更に多くの出逢いに巡り合えればと思います。

 

 

では、今回はここまで。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

野鳥撮影に行ってきました@早戸川林道あげいん

 

f:id:southzinnia:20220208201557j:plain

 

こんにちは、southzinniaです。

 

今回も、昨年末に往訪した神奈川県相模原市早戸川林道」での探鳥レポートとなります。

先日の紹介分に続き、1週ほど時間を空けての再訪となります。

 

 

前回同様「鳥居原ふれあいの館」バス停より探鳥スタート。

 

中宮ケ瀬湖でマガモを視認しつつ、林道入り口を目指します。

 

f:id:southzinnia:20220208221026j:plain

マガモ

 

橋を渡り切り足を進めていくと、道中樹上にモズの姿が。

 

f:id:southzinnia:20220208221515j:plain

モズ

 

綺麗なポージングが撮れました。

 

更にすぐ先、もうすぐ宮ケ瀬湖畔園地というポイントではジョウビタキの姿も。

 

f:id:southzinnia:20220208222545j:plain

ジョウビタキ

 

この場所ではベニマシコの他、

 

f:id:southzinnia:20220208222708j:plain

ベニマシコ

 

マヒワの姿も観察することができました。

 

f:id:southzinnia:20220208223527j:plain

マヒワ

 

思わぬ穴場スポットで存分に撮影を楽しみつつ、間近に迫った林道入り口を目指します。

 

道中相変わらず数が多いトビを横目に、

 

f:id:southzinnia:20220208224356j:plain

トビ

 

ようやく早戸川林道の入り口となる宮ケ瀬湖畔園地に辿り着きました。

 

園地の広場では水辺でお馴染みのセキレイたちの姿を見ることができました。

 

f:id:southzinnia:20220208225012j:plain

セグロセキレイ

 

f:id:southzinnia:20220208225129j:plain

ハクセキレイ

 

林道に辿り着く道すがらでの多くの出逢いに期待を膨らませながら、満を持して林道へと進んで行きます。

 

ただこの日は前回ヒタキ類が見られたポイントではあまり野鳥の姿を見ることが叶わず、唯一写真に収めることができたのはミソサザイのみでした。

 

f:id:southzinnia:20220208225754j:plain

ミソサザイ

 

汁垂橋を渡りトンネルを抜けても相変わらず野鳥はあまり多くなく、カラ類の混群を時々見かけるのみ。

 

なかなか目ぼしい撮影が叶わなき中、前回ベニマシコが出るとバーダーさんに教えられたポイントにてそのベニマシコに出逢うことができました。

 

f:id:southzinnia:20220212105234j:plain

ベニマシコ


綺麗な羽色のオスもすぐ近くに。

 

f:id:southzinnia:20220212105448j:plain

ベニマシコ

 

人気種ということで撮られ慣れているのか人馴れしているようで、私達を含め数名のバーダーが近距離で撮影していても動じることなく動き回っていました。

 

というわけで存分に撮影させてもらい、そのまま前回の折り返しポイントである金沢橋までやってきました。

今回は野鳥撮影のポイントが少なかったことで時間的な余裕があったため、さらにその先へと足を進めてみることに。

 

橋を渡り切ってすぐのポイントでは早速、ルリビタキのメスに遭遇することができました。

 

f:id:southzinnia:20220212111604j:plain

ルリビタキ

 

ようやくこの日初撮り、とはいえすぐに森の中に入ってしまいこれ以上の撮影は叶いませんでした。

 

その後やはり野鳥は少ないまま、ある程度進んだポイントで折り返します。

すると来た道を戻るその道中にて、カケスに出逢うことができました。

 

f:id:southzinnia:20220212113230j:plain

カケス

 

今まで幾度となく出会ってきたものの、しっかりとその姿を捕らえることができたのは初めてですね。

 

とはいえシャッター音でこちらの存在に気付いたのか、この後すぐに飛び去ってしまいました。

どうやらかなり臆病な種類の様ですね。

 

その後同じく金沢橋までの道すがらにて、こちらは初めてその姿を見るウソを観察することができました。

 

f:id:southzinnia:20220212114346j:plain

ウソ

 

辛うじて枝が被らずにその姿を収めることができました。

アトリ科が多く観察できるのは冬ならでは、という感じですね。

 

その後金沢橋を渡り、前回カヤクグリと出会えたポイントでそのカヤクグリを観察しつつ、

 

f:id:southzinnia:20220212120637j:plain

カヤクグリ

 

そこから少し進んだポイントにてアトリの群れに遭遇することができました。

 

f:id:southzinnia:20220212120823j:plain

アトリ

 

丁度近くの水場で水浴びをした後だった様で、少し濡れた姿で毛づくろいをしていました。

 

そんなアトリとの出会いの後、前回同様野鳥にあまり遭遇できないまま汁垂橋を通過し林道入り口方面へ。

 

駐車場が見えるまで戻ったポイントで、ルリビタキジョウビタキが観察できた以外には目ぼしい出逢いもありませんでした。

 

f:id:southzinnia:20220212122248j:plain

ルリビタキ

 

f:id:southzinnia:20220212122338j:plain

ジョウビタキ

 

やはりこの場所では往路が勝負になりそうですね。

 

そんなわけで林道入り口まで戻った後、前回同様宮ケ瀬バス停より帰途につきました。

 

 

今回も多くの出逢いがあったのは嬉しい限りですね。

 

数こそ少ないものの、やはり可能性を感じる探鳥地だと感じました。

 

現地のバーダーさん曰く、今年は特に数が少ないとのことだったのでこれから数が戻ることに期待ですね。

 

 

それでは、今回はここまで。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。